双極性障害は薬で症状を緩和|ココロバランスの安定剤

男性

病気を知る

カプセル

双極性障害は誰にでも起こりうる病気です。特に30代になると発症する人が多いので、注意をすると良いでしょう。病院は心療内科などで、話をよく聞いてカウンセリングをしてもらうことと、薬を処方してもらうことになるでしょう。

View Detail

対極の状態を繰り返す疾患

錠剤

躁状態とうつ状態が繰り返される精神疾患を双極性障害と言います。現在発症の原因は不明ですが、ストレスが症状悪化の要因とされています。双極性障害はリチウムなどの気分安定薬での治療が効果的です。また睡眠をしっかりとり、早寝早起きを意識した規則正しい生活を送ることも治療として効果的とされています。

View Detail

心の病は必ず治せる

医者

精神を安定させる優れもの

双極性障害とは、以前はよく躁鬱病と呼称されていたもので、気分が高揚する躁状態と、落ち込んでしまううつ状態が交互に訪れる病気です。しかもこの症状は繰り返し現れ、繰り返す度に悪化していくという厄介な一面を持っています。一般的に、うつ病よりも双極性障害の方が回復が難しいとされており、再発しやすいことでも知られています。しかし、最近は良い治療薬が開発され、根気よく治療すれば必ず治るとも言われており、この根気よく治療を続けるということが、一つのキー・ポイントと言えるでしょう。双極性障害の治療の基本は、うつ病と同じく薬物療法と精神療法です。ただし、ここで注意したいことは、双極性障害とうつ病とでは、使用する薬の種類が違ってくる、ということです。うつ病の治療薬として威力を発揮するSSRIなどの抗うつ薬を使用してもあまり状態の改善は見られず、ひどい場合には返って症状が悪化してしまうことすらあります。双極性障害の治療に効果が高いのは、気分安定薬や抗精神病薬と呼ばれる薬で、特に気分安定薬であるリチウムは、双極性障害治療における第一選択薬となっています。リチウムには躁状態と共にうつ状態を改善する作用もあり、両極の間で揺れ動く双極性障害の治療には、ぴったりなのです。現在の所、このように躁、うつ、どちらの症状に対しても効果があるのは、リチウムだけであると言われています。しかも、双極性障害の危険な特徴として、自殺念慮が強いというのがあるのですが、リチウムには自殺を予防する効果もあるのです。このようにジェットコースターのような双極性障害の精神状態を安定させてくれるリチウム、これからも手離せない優れものです。

なぜリチウムなのか

躁状態からうつ状態に、気分がクルクルと変化していく双極性障害ですが、同じうつ状態と言っても、うつ病のそれとは少し異なっています。この病気の場合、ただ単に気分が落ち込むというより、躁状態の反動が一気に襲ってくるといった、その変動の波の激しさと大きさが問題となるのです。例えば、うつ病の場合ですと季節や1日のうちで気分の変動はあることはありますが、一貫して気分は落ち込んでいます。ところが双極性障害の場合には、月曜日は落ち込んでいたのに、週末はやたらはしゃいでいる、と言ったことが起こったりします。落ち込んでいる所に普通に抗うつ薬を使用すると、返ってその対極の躁状態を過剰に刺激してしまう危険性があり、従って通常の抗うつ薬は原則として使用できないのです。このように精神の変動が激しい双極性障害の場合、その変動の波を抑え、安定させてくれる薬が何より重要になってきます。そこで威力を発揮してくれるのが、リチウムを始めとする気分安定薬というわけなのです。ただし、効果の高いリチウムですが、問題点もあります。飲み始めに下痢、食欲不振などの副作用が出る場合があるということと、血中濃度を管理しながら使用する必要がある、ということです。リチウムは効果の出る濃度と中毒になる濃度が非常に近いため、常に血中濃度を測って、コントロールする必要があるのです。しかし、この点を考えても、やはりリチウムは双極性障害にはなくてはならない治療薬と言えるでしょう。うつ病との違いがあまり理解されないことの多い、厄介な病気である双極性障害、これからもますますその治療の進化が望まれます。

躁うつ病の治療と対策

医者

双極性障害とは躁うつ病のことです。躁状態とうつ状態が交互に現れるので、周囲の人間はどのように対処したらいいのかわからなくなります。治療法としては薬物治療と心理社会的治療が行われます。気をつけることは患者本人が病気を自覚することです。患者、家族、医師の三者のチームワークが再発防止になるのです。

View Detail