双極性障害は薬で症状を緩和|ココロバランスの安定剤

女の人

病気を知る

カプセル

普通に生活するため

双極性障害などの病気は、いろんな方法で治療することができますが、まずはその病気について知っておくことが重要となるでしょう。双極性障害は非常に気分が高まると出てくる躁状態と、かなり気分が低下したときに出てくるうつ状態が、交互に出てくる病気なのです。ですから先ほどまで気分が高くよく話をしていた人が、急に話を止めて黙ってしまい下を向いてしまうと双極性障害である可能性が高いのです。ただし、気分が高まった状態とそうでない気分が低下した状態のどちらでもなく、状態があるのもこの病気の特徴なのです。大体平均的にこの病気が始まるのが、30代からの人が最も多いので、自分でもわからない時に発症している可能性があるので注意をすると良いでしょう。ただし中学生位の若い人からお年寄りまで幅広い世代で発症はしています。普通の健康診断などではわかりませんが、血液の状態や脳の異常なので躁鬱状態のような症状が出ることもありますので、身体的な検査も必要と言えるでしょう。このように双極性障害になると、日常生活支障きたすことが多くなってきますので、仕事をしている人たち等は、精神科や心療内科などで治療を受けるのが1番良いでしょう。基本的に診療科ないかなどでは、心の病気だと言われていますので人の話を聞く事を大事にしています。ですから日常生活で仕事をしながら普通に生活するために、薬などを処方をしながら治療を続けるところもあります。薬だといつでも飲むことができるので、治療を受ける側としてもとても気が楽にできるのです。

治療を続ける

双極性障害になると、躁鬱状態をくり返しますので肉体的にも精神的にも負担がかかってきます。うつ状態になりますと、毎日長い間気分がすぐれない状態が続いてしまうのです。またよく眠れなかったり食欲がなくなって、体重が減ってしまうことも多いのです。うつ状態に関しては、他人から見ても元気がないのがよくわかりますので、病気であることを認識しやすいこともあるのです。でも精神的に病んでいますので、世間的に自分が価値のない人間と思ってしまい自殺などを考えてしまう人が多いので、なるべく周りの人が注意をして見てあげることが必要となってくるでしょう。これも薬を処方してもらい徐々に気分を回復していく治療が必要となります。それに比べ躁状態は、とても気分が良くなってしまうので、興奮状態が長い間続くのです。ただ性格が明るいので良いわけでは無いのです。怒りっぽくなる人もたくさんいますし、眠らなくても良くて自分が偉いと思ってしまい傲慢になる人もいます。また、他にはいきなりものすごい金額の買い物をしてみたり、暴力をふるってしまったりするのです。このようになると人間関係も仕事もうまくいかなくなってしまい、日常生活を営むことができなくなってしまうのです。そしていずれは鬱状態へと戻っていくのです。ですから自分で病院に行くよりも、周りの方が早めに気づいてあげて、診療科などに連れて行くことが早期解決につながります。特別な治療は、話を聞いたりして精神的にリラックスすることと、薬になります。双極性障害は治すのには時間がかかりますが、じっくりと治療を続けることが大事です。